「例会報告」 綿向山(1110m) N・Y

【山行日】 2023年7月16日(日) 【天 候】 晴れ時々曇り 

【参加者】 女性7名、男性1名、一般4名、合計12名

【コースタイム】 ヒミズ谷出合小屋(表参道登山口)9:20~あざみ小舎10:18~5合目小屋~行者コバ11:00~綿向山山頂12:00~12:45~ 幸福ブナ12:55~5合目小屋14:05~ヒミズ谷出合小屋15:05

【山行報告】 登山教室の天ヶ岳例会が雨で中止になり、今回の例会に登山教室の方が参加された事で高温による熱中症の危険性もあり、コースを表参道~竜王岳から表参道ピストンに変更して実施しました。

表参道登山口からは川沿いを上がっていくのでヒルに出会わないようにと願いながらつづら折れの登山道を歩いていきます。整備されていて歩きやすいつづら折れが終わり、3合目を過ぎるとあざみ小舎で休憩です。ブナの木々から漏れてくる木漏れ日がきれいでほっこりします。登山道はスギ木立やブナ林で木陰が多く、時々心地よい風が吹いてきて暑さを吹き飛ばしてくれるので、快調に登山道を皆さん進んで行きます。5合目小屋を過ぎるころからブナの原生林へと景色が変わり、木々の間から明るい日差しが漏れてきてとてもきれいです。行者コバを過ぎると登山道が狭くなるところがあるので注意が必要です。

山頂へあと少し
みんないい笑顔で・ハイチーズ

9合目の標識を過ぎるともうすぐ山頂です。山頂までは最後急な百数十段の階段がまっすぐ続きます。疲れた足で一歩一歩階段を登り、頂上にたどり着いて前を見ると大嵩神社の祠と遠くに山々が開けて見えます。やっと頂上にたどり着いた充実感を感じることができました。 木陰でゆっくりと昼食を取り、心地よい風が吹いてくるので地上のあの蒸し暑さは何だったのかと、山の爽やかさを感じながら頂上からのパノラマの景色を楽しみました。

山頂から見えた鎌ヶ岳

ゆっくり昼食休憩を取って幸福のブナへ。幸福のブナをくぐると幸せになると言われています。幸福のブナからの景色を楽しんだあとは下山です。

途中休憩を取りながら下山します。五合目小屋あたりから爽やかさが少しずつ蒸し暑い空気に変わり町に近づいているのを感じました。暑さを覚悟していた山行も木陰と時々吹く風、空気の爽やかさが感じられ、思ったよりも気持ちの良い山行になりました。

登山教室の方々も山行を楽しんでいただいたようで良かったです。

登頂した時きれいな風景が見られ数年ぶりの喜びを感じて、よく登ったなと思った。楽しかった。自分のことで精いっぱいでしたが、周りの人の思いやりをいろいろと感じた。コースを変えてもらって感謝している。つづら折れの山道を何回つづらなければならないかと思いながら登ったが、山頂の景色はよかった。ヒルに出会わなくてよかった。頂上からの景色がよかった。暑い時の対処の仕方や何を持っていったらよいのか等、勉強になった。皆さん本当にお疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です